今流行りの炭水化物ダイエット、そもそもなぜ痩せる?

今流行りの炭水化物ダイエット、そもそもなぜ痩せる?


今ではもはや定番となった炭水化物の摂取量を減らすダイエット。某有名な結果にコミットするダイエットジムでも、このような炭水化物をおさえるメニューが知られていますよね。

 

お米はそもそも植物なんだし、野菜と同じような感じでいくら食べたって太らないんじゃないの?と思う方もいると思います。もちろん炭水化物はカラダの健康にとっても良い栄養素は含まれているのですが、痩せる、ダイエットするということに関しては少し妨げになる部分もたしかにあるのです。

 

炭水化物は、お米やパン、麺類だけでなく多くの食品に含まれる栄養素でですが、炭水化物を控えた食事を計画的にすることによって、カロリーとは別のところで痩せやすいカラダを作ることが可能になり、ダイエット効率が高まります。

 

そもそも私たちのカラダは、炭水化物を摂取してそれを分解して糖質を作っているので、炭水化物を摂取することはイコール糖質をとること、つまり血糖値を高めることを意味します。そして私たちの体の脂肪となるのは、血糖値が上がって余分は糖がカラダに吸収されることにあります。

 

血糖値は、炭水化物を食べると一時的に上昇し、時間がたつとともに徐々に下がっていきます。血糖値が下がると私たちはお腹がすいたと感じることになり、何か食べたい!となるわけですね。炭水化物を控えることで、血糖値の上昇が予防することができるので、つまりはお腹の空腹感を感じにくくなるというメリットもあります。

 

また、脂肪も蓄積されにくくなるので、運動したときには食事から摂取した糖や脂肪ではなく、カラダにたまっている脂肪などをエネルギーにして燃焼してくれるんですね。今まで炭水化物をとっていた人は急にゼロにするというのはかなり抵抗があるししんどいことではなりますが、急に減らすとストレスになりなかなか続かないので、できれば少しずつ量を減らしていくのがいいですね。

 

あとは、適度な運動も取り入れながら、ダイエットサプリや漢方なども補助的に取り入れるとより効率よくダイエットをすすめることができるでしょう。

 

話題の「ダイエットサプリ」シボヘールの詳しい口コミレビューはこちらです。