紫外線ケアをしないと薄毛になる!?対策方法とアフターケア

紫外線ケアをしないと薄毛になる!?対策方法とアフターケア

  • 「紫外線を浴びすぎるとカラダに良くない」
  • 「皮膚や眼球にとって悪影響になる」

 

こういったことはすでに一般的に知られていますよね。

 

とくに春先になると、薬局やドラッグストアでは紫外線対策の商品がよく売られていますし、近年ではテレビ番組や天気予報でも紫外線ニュースを流すようになりました。

 

とはいえ、あまりにも神経質になりすぎるとかえって良くない病気などもあるにはあるので、紫外線が一概に悪者だと決めつけることはできないのですが、それでも紫外線対策をまったくせずに浴びたい放題でOKというのは明らかに間違いです。

 

私たちの皮膚や眼球だけでなく、実は紫外線は薄毛を発症・進行させる要因の一つにもなりえるのです。

 

紫外線が頭皮に及ぼす悪影響

意外と知られていませんが、紫外線が皮膚や眼球に有害を及ぼすのとまったく同じように、頭皮にも悪い影響を及ぼしているのです。紫外線を急激に浴びすぎると、頭皮は軽い火傷のような状態になります。

 

誰しも子どもにころに、海やプールで日焼けし過ぎてヒリヒリしたり痒くなって皮が剥けたりといった経験はあると思いますが、そういったイメージです。

 

ただ、多くの人は紫外線が強い夏場にお顔やカラダには日焼け止めを塗って事前にケアしたり、予想外の日焼けをすれば冷水などで冷やしたり何かしらのケアそすると思いますが、頭皮の日焼けケアをする人は非常に少ないです。

 

紫外線の影響をもろに受け、まったくケアしないままどんどんダメージが蓄積されてしまい、結果的に薄毛へと繋がってしまうケースもあるというわけです。

 

頭皮の紫外線ケア、どうする?

具体的なケア方法はというと、一番手っ取りはやいのが紫外線の強い炎天下では帽子をかぶったり、女性の場合は日傘をさすことですね。

 

ですが、帽子の場合は蒸れるのが嫌だったり、日傘を家から持ってき忘れたり、実際の場合はわかっていてもなかなか対策ができないというケースもあると思います。

 

その際は、できるだけアフターケアに力を入れましょう。

 

頭皮が焼けたかもと感じたら、日焼けのダメージを沈静する成分が配合されているヘアトニックなどでケアしたり、どうしてもそういったアイテムがない場合は手持ちのお顔に塗るような化粧水を頭皮に塗ってあげて最低限の保湿をしてがえることも大切です。

 

受けてしまった紫外線は早めに対策ケアを

育毛剤を使用することで、頭皮の紫外線ダメージを和らげて頭皮環境を改善するサポート効果が期待できます。

 

市販の育毛剤がおすすめです。副作用のない医薬部外品なので、緩やかな効果があり安全性も高いです。

 

イクオス効果